株式会社日本再生医療

私たちは、世界初となる
「小児先天性心疾患患者に対する
再生医療等製品の実用化」を目指しています。

私たちは、世界初となる
「小児先天性心疾患患者に対する
再生医療等製品の実用化」を
目指しています。

MESSAGE

命をつなぐ、科学をカタチに

「科学技術を治療製品へと昇華させるプラットフォームとなり、患者さんそして社会から必要とされる会社であり続ける」
これが、私たち株式会社日本再生医療のビジョンです。

日本では医療応用可能な優れた研究成果が数多く報告されておりますが、
実際に実用化され患者さんの元に届けられる研究成果は極僅かしかありません。

当社はそのような優れた技術を埋もれさせることなく患者さんの元に届けるため、
再生医療等製品の実用化に取り組んでおります。

現在開発を進めている再生医療シーズ「心臓内幹細胞(CSC:Cardic Stem Cell)」は、心臓移植の実施が困難な日本において、
重篤な心疾患に対する新たな治療製品になる可能性を秘めています。

当社は、心疾患分野を対象とした再生医療のリーディングカンパニーとなるべくチャレンジを続け、
革新的な治療製品を創生し、患者さんそしてそのご家族のQOL向上に貢献して参ります。

「科学技術を治療製品へと昇華させるプラットフォームとなり、患者さんそして社会から必要とされる会社であり続ける」これが、私たち株式会社日本再生医療のビジョンです。

日本では医療応用可能な優れた研究成果が数多く報告されておりますが、実際に実用化され患者さんの元に届けられる研究成果は極僅かしかありません。

当社はそのような優れた技術を埋もれさせることなく患者さんの元に届けるため、再生医療等製品の実用化に取り組んでおります。

現在開発を進めている再生医療シーズ「心臓内幹細胞(CSC:Cardic Stem Cell)」は、心臓移植の実施が困難な日本において、重篤な心疾患に対する新たな治療製品になる可能性を秘めています。

当社は、心疾患分野を対象とした再生医療のリーディングカンパニーとなるべくチャレンジを続け、革新的な治療製品を創生し、患者さんそしてそのご家族のQOL向上に貢献して参ります。

MISSION

私たちは、心臓内幹細胞(CSC:Cardiac Stem Cell)を用いた
"日本発"そして"世界初"となる再生医療等製品の実用化に向け、開発を推進して参ります。

私たちは、心臓内幹細胞
(CSC:Cardiac Stem Cell)を用いた
"日本発"そして"世界初"となる
治療製品の実用化に向け、
開発を推進して参ります。

"日本発"CSCを用いた
開発パイプライン
の創出

当社が事業化を進めている「CSCを用いたパイプライン」に関する基礎技術は、京都大学が出願人となり特許化された日本発の技術です。心臓由来の幹細胞であるCSCは心臓への組織適合性が高く、心疾患に対する有効な治療製品になると期待されています。当社では、CSCの特性を活かし、心疾患を中心とした開発パイプラインを創出して参ります。

小児先天性心疾患を
対象とした
"世界初"となる
再生医療等製品の開発

組織再生能力が高い小児では、再生医療の治療効果が高いと考えられています。当社ではまず、従来の医薬品、医療機器では治療することができない小児先天性心疾患を対象に、世界初となる再生医療等製品の実用化を目指し開発を進めております。

R&D

技術シーズ

心臓内幹細胞(CSC:Cardiac Stem Cell)とは、心臓内に存在する多能性のある体性幹細胞で、心疾患に対する再生医療に用いる細胞として有望視され、臨床応用への研究が進められています。
当社が事業化を進めている「CSCを用いたパイプライン」に関する基礎技術は、京都大学の研究成果として生み出され、特許化されているものです。現在、CSCを用いた応用化研究として、CSCの発見者である岡山大学病院 新医療研究開発センター 再生医療部 王英正教授らの研究グループによってヒト幹細胞臨床研究 第2相試験が進められています。
当該臨床研究は、CSCを用いた世界初となる小児先天性心疾患を対象とした臨床研究であり、心臓移植が困難な日本において、小児末期心不全に対する新たな治療法に繋がる可能性のある研究として期待が寄せられています。
当社は事業推進のため、京都大学から上記の特許について独占的ライセンスを受けるとともに、岡山大学からはCSCの製造法や臨床応用に関する技術指導を受け、実用化に向けた開発を進めております。

パイプライン

実施

準備中または実施中

※JRM-001に関するヒト幹細胞臨床研究は第2相試験が進行中

RECRUIT

当社では、再生医療等製品の開発プラットフォームとして、各分野における専門家、研究機関、医療機関、事業会社等とのネットワークを通したオープンコラボレーションによる開発体制を構築しています。
これらのプラットフォームを活用し、再生医療等製品の実用化に向け情熱を持って開発を推進してくれる方を随時募集しています。
特に製造、非臨床試験、臨床試験、薬事、データマネジメント、統計解析に関する実務経験をお持ちの方を積極採用したいと考えています。

ご興味のある方はこちらからご連絡ください。

RECRUIT

※クリックするとメーラーが起動します。
※恐れ入りますが、お問い合わせはメールからの受付のみとさせていただきます。
※なお、お問い合わせへの回答には時間がかかる場合がございますので、予めご了承ください。

※クリックするとメーラーが起動します。
※恐れ入りますが、お問い合わせはメールからの
受付のみとさせていただきます。
※なお、お問い合わせへの回答には時間がかかる場合がございますので、予めご了承ください。

COMPANY OVERVIEW

沿革

2013年10月

再生医療の事業化を目的として、ノーリツ鋼機グループのスピンアウトベンチャーとして設立(資本金 100万円)

2013年12月

CSC基礎技術に関する特許について、京都大学と独占ライセンス契約を締結

2014年3月

第三者割当増資を実施(資本金 1,850万円)

2014年6月

岡山大学と技術移転に関する諸契約を締結し、技術移転を開始

2014年11月

製造に関する技術移転完了

2015年1月

薬事戦略相談 対面助言(品質及び安全性)実施

2015年2月

第三者割当増資を実施(資本金1億6,850万円)

2015年3月

GLP 非臨床試験を開始

2016年2月

小児先天性心疾患を対象としたヒト細胞加工製品「自家心臓内幹細胞」厚生労働省「先駆け審査指定制度」対象品目に指定 弊社ニュースリリース 厚生労働省プレスリリース

2016年5月

JRM-001に関する企業治験開始

2016年10月

㈱ジーンテクノサイエンスと資本業務提携
会社概要

会社名

株式会社日本再生医療(略称:JRM)
Japan Regenerative Medicine Co.,LTD

設立

2013年10月16日

資本金

10百万円(2020年2月17日現在)

主要株主

株式会社ジーンテクノサイエンス

役員

代表取締役社長  野口亮

事業内容

再生医療技術・製品、細胞医薬品の研究開発
当該技術・製品の顧客に対する技術提供及び製品・サービスの提供

従業員数

7名(常勤役員、業務委託契約者人数含む)

本社所在地

東京都中央区新川一丁目2番12号 金山ビルディング3階
Map
アクセスマップ

〒104-0033 東京都中央区新川一丁目2番12号 金山ビルディング3階

〒104-0033
東京都中央区新川一丁目2番12号 金山ビルディング3階

電車でお越しの方

東京メトロ 東西線・日比谷線 茅場町駅 4B出口より霊岸橋を渡る 徒歩約4分

東京メトロ 東西線・日比谷線 茅場町駅 4B出口より霊岸橋を渡る 徒歩約4分

CONTACT US

当社の治療製品は研究開発段階であり、現在は一般向けのご提供は行っておりません。
当社との共同研究・共同開発等に関するお問い合わせはこちらからご連絡ください。

CONTACT

※クリックするとメーラーが起動します。
※恐れ入りますが、お問い合わせはメールからの受付のみとさせていただきます。
※なお、お問い合わせへの回答には時間がかかる場合がございますので、予めご了承ください。

※クリックするとメーラーが起動します。
※恐れ入りますが、お問い合わせはメールからの
受付のみとさせていただきます。
※なお、お問い合わせへの回答には時間がかかる場合がございますので、予めご了承ください。

(C) COPYRIGHT 株式会社日本再生医療.ALL RIGHTS RESERVED.

(C) COPYRIGHT 株式会社日本再生医療
ALL RIGHTS RESERVED.